オーリスタットとこんにゃくのダイエットパワー

オーリスタットは、日本の医師が処方する肥満治療薬です。国内で入手できる肥満治療薬の中で唯一、オーリスタットに含まれる成分だけが中枢神経に影響を与えることなく、肥満の改善に役立ちます。アメリカの研究ではオーリスタットを1年間服用し続けたところ、60%が5%の体重の減少を実感し、27%は10%もの減量に成功しました。アメリカ食品医薬品局の認可を受けており、世界的に利用されています。そしてこんにゃくにもダイエットパワーがあります。こんにゃくがダイエットに効果的なのは3つの理由があります。まずカロリーが低いことです。100gで5キロカロリーしかなく、ヘルシーとされるエリンギでも24キロカロリーあるので、非常に低カロリーな食品と言えます。次に食物繊維を多く含んでいます。こんにゃくのダイエットパワーは、グルコマンナンという食物繊維が関係しており、便秘を解消する働きがあります。便秘は血行を滞らせて脂肪が落ちにくい体質にします。グルコマンナンは体の毒素や老廃物の排出を促進します。そして空腹になりにくいです。グルコマンナンは水を吸うと大きく膨らんで、少量食べただけでも満腹になります。無理な食事制限によるストレスがないので、リバウンドしないというメリットがあります。これらのダイエットパワーを最大限に引き出すためには、いくつかのポイントがあります。まず摂取量を守ることです。グルコマンナンは人間の体では消化されないので、過剰摂取すると大きな塊となります。また栄養が偏ってしまうので、1日250gに抑えます。次に夕食の前にこんにゃくを食べると良いです。夕食後は寝るだけでエネルギーを使わないので、余分なカロリーを摂取しないために、こんにゃくで事前にお腹を膨らませます。